福岡の「宗像・沖ノ島」が世界文化遺産候補へ - テレビ朝日
福岡の「宗像・沖ノ島」が世界文化遺産への登録がふさわしいとユネスコの諮問機関が勧告しました。7月から開かれるユネスコの委員会で正式に登録される見通しで、登録されれば日本の世界遺産は文化遺産と自然遺産を合わせて21件目となります。
(出典:テレビ朝日)



(出典 www.yomiuri.co.jp)



1 みれいゆ ★ :2017/05/06(土) 10:56:23.44 ID:CAP_USER.net

世界文化遺産への登録を目指している、福岡県の「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」について、ユネスコの諮問機関は「世界遺産にふさわしい」と勧告し、ことし7月に世界文化遺産に登録される見通しとなりました。一方で、8つの構成資産のうち、宗像大社中津宮など4つの構成資産については「除外すべき」と勧告され、文化庁は「全体としては厳しい勧告内容だ。地元の福岡県などと協議して、今後の対応を検討したい」と話しています。
福岡県宗像市の沖ノ島や宗像大社など8つの構成資産からなる「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」は、日本政府がことし7月の世界文化遺産への登録を目指しています。

これについて、ユネスコの諮問機関「イコモス」は、現地調査などを行った結果、8つの構成資産のうち、沖ノ島とその周辺にある小屋島、御門柱、天狗岩の合わせて4つの資産について、「世界遺産に登録することがふさわしい」とする勧告をまとめました。

沖ノ島には、4世紀から9世紀までの間、日本と東アジアの交流に伴う航海の安全などを願った祭りの遺跡が、多くの装飾品とともにそのまま残されています。

一方で、諮問機関は、宗像大社沖津宮遙拝所と中津宮、そして辺津宮と新原・奴山古墳群の4つの資産については、「世界的な価値とは認められず、除外すべき」としたうえで、名称も「『神宿る島』沖ノ島」と変更するよう勧告しました。

沖ノ島など4つの構成資産については、ことし7月にポーランドで開かれる世界遺産委員会で正式に世界文化遺産に登録される見通しとなりましたが、文化庁は「沖ノ島の考古学的な価値は認められたが、4つの構成資産が除外され、厳しい勧告と受け止めている。地元の福岡県などと協議して、今後の対応を検討したい」と話しました。

文化庁によりますと、国内の世界遺産は、文化遺産が16件、自然遺産が4件で、今回登録が決まれば21件目となります。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170506/k10010971841000.html





2 Ψ :2017/05/06(土) 11:14:46.20 ID:jgyBcoHf.net

宗像大社沖津宮遙拝所と中津宮、そして辺津宮と新原・奴山古墳群
だめだって!


6 Ψ :2017/05/06(土) 12:08:38.15 ID:1FOsDgGS.net

年に一回選ばれた男子しか入れない聖域
葉っぱ1枚持ち帰ってはいけない聖域

したり顔の女学者がウロウロしたら…


8 Ψ :2017/05/06(土) 15:13:16.41 ID:wx7uMKvk.net

南方系民族信仰と道教が直接結びついて神道を形成した証拠となる施設は指定から除外されたんだなw
朝鮮半島で完成した神道が日本列島に伝わった事にしたい連中の仕業だよw






こちらもおすすめ!

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット