(出典 images-na.ssl-images-amazon.com)




世界に遅れをとる日本の「たばこ規制」─政治家とJT、利権構造の深すぎる闇

2017-04-09 14:27:39(2241 view)

2020年に東京オリンピックを控え、厚生労働省が目指す「屋内全面禁煙」案を巡り、国会が“煙上”しています。たばこ規制に猛反対しているのは国民の健康を守らなければならないはずの大勢の国会議員たち。なぜ政治家はたばこ規制に反対するのか?そこには、官僚とJTの巨大すぎる利権構造があります。


(出典 matome.naver.jp)


 

「たばこのない五輪」に黄信号-全面禁煙なしに2020年迎える可能性も
…、後は自治体の取り組みに委ねるのがひとつの案だと述べた。五輪開催時に「たばこ規制すらない、みっともない姿で外国人をお迎えはしたくない」との思いは変わらないという。
(出典:経済総合(Bloomberg))


サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 「電気加熱式たばこ」なぜ人気?=回答・浜中慎哉 - 毎日新聞
A 健康意識の向上と規制強化の影響で、先進国では紙巻きたばこの需要減少に歯止めがかからないという危機感が、メーカーにはありました。海外ではニコチン入りの液体を加熱し、蒸気を吸う「電子たばこ」が以前からあるのですが、日本ではニコチン入り液体は薬の扱いで、 ...
(出典:毎日新聞)